トリコモナス感染症の症状は?

クラミジア感染症や淋病と並んで、古くから名前を知られている性病ですが、近年では感染者の数は減少傾向にあります。しかし、一度感染・発症すると何度も再発して治療が困難になる事例も多く報告されているため、依然として注意が必要な性病として位置づけられています。

トリコモナスは女性に多く、トリコモナス原虫の寄生(0.1mmぐらいの原虫)が膣や膀胱内に入り込み炎症を引き起こす性病です。主に膣性交で感染し、高齢者でも見られ感染者の年齢層の幅が広いのが特徴です。性交経験のない女性や幼児の感染もあるので性交渉以外の感染経路(下着、タオル、便器、浴槽など)もあります。

膣トリコモナス症は性行為から感染してしまうケースがほとんどです。原因の多くは、コンドームをつけない場合の性行為です。男性の場合は発症していても自覚症状がないことが多く、知らず知らずのうちにパートナーの女性に感染させてしまうこともあるので注意が必要です。

女性の膣トリコモナス症の症状
膣内でトリコモナスが増えるに従って膣の自浄作用が損なわれ、様々な細菌が発育増加することで、泡状で悪臭の強い黄色いオリモノが増え、外陰部、膣に強い痒みを訴えます。このように典型的な症状を示すケースでは概ね“おかしい”と自覚できますが、全く症状を示さない症例もあります。

男性のトリコモナス症の症状
男性のトリコモナスの場合には尿道や前立腺に感染して炎症をおこしますが、自覚症状はほとんどありません。尿道分泌物の多少の増加や炎症症状も軽い為、感染に気付かないことが多く、知らないうちにパートナーに感染させてしまいます。